FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    我が異邦

    我が異邦_h1


    藤谷治さんの「我が異邦」の装丁画を描きました。

    藤谷さんがTwitterで
    人の描いた絵なのに自分の心象風景になっています。とつぶやいていました。

     http://twitter.com/#!/yuntachura/status/106989119850287105

    藤谷さん勝手に引っ張ってきてスミマセン。
    うれしい言葉をありがとうございます。
    以降「我が異邦」話08までこの本の話が続きます。

    自分をさらけ出すことが、ものを書くということなのだなと、
    この本を読んで思いました。
    一概に全てがそうでは無いかもしれないけれど。
    ものを生み出すってそういうことだ。
    それがなんともまっすぐ伝わってくるような文章でした。
    そして絵を描くことが持つ意味も、藤谷さんの言葉を読んで、こういうことなのだなと思います。
    そういう絵をずっと描いていけたらいいなぁ。

    ぜひ、読んでみてください。この絵がどんな絵なのかもきっとわかりますよ。


    新潮社HP
    http://www.shinchosha.co.jp/book/329951/


    wagaihou_009.jpg
    Comment
     

    管理者にだけ表示を許可する


    Trackback
    Trackback URL

    Compact Menu Box

    «  | HOME |  »

    TOP

    MENU

    NEW↓

    05221210030709140913

    COM↓

    0530060906100610061009230923

    TB↓

    ALL Adm

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。